ホーム サイトマップ  
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
塾長のためのマンスリースケジュール

4月

●2つの年度計画の策定と発表

 16年度末までに職員用と塾生用、次年度の2つの年度計画を策定し、4月早々、職員と塾生に発表したい。塾生用は大まかな定期テスト対策や検定講座、各期講習、保護者面談等々の日程を記した簡単なものでよい。ただし彼らにはもう一種、別立てで毎月、3か月ほど先までの予定を記した詳細な予定表を配布する必要がある。こちらは当面、近隣の学校の予定表を入手してからで構わない。

 職員用には塾生用の記載事項に加えて、各種イベントの準備の開始期と担当者名、さらには目標の数値を記載したものを作成したい。たとえば7月25日から夏期講習があるとすれば、5月15日に日程・コース等々の計画策定開始、5月末塾生告知、6月19日に1回目の折込チラシ、担当者は○○、集客目標値は5月末塾生数の1・3倍という具合に、である。

 参考までに経産省の「特定サービス業動態統計」をもとに、ここ10年の3月末〜5月末の教場当たり塾生数と、3月末の塾生数を基準にした最大時の塾生数の伸び率を掲載しておいた。自塾の数年分の数値と引き比べながら、妥当な目標数を設定していただきたい。なお、目標数は無理のない数値にしておくこと。「未達」の連続は職員のモチベーションを削ぐ結果を招来する。

●職員総合研修

 春期講習の終了時あるいはGW直前あたりに、非常勤講師や事務パートも含めた職員全員の総合研修を行いたい。上記の年度計画の詳細な説明はもちろんだが、塾の「理念」の説明や教科ごとの指導方法、勤務規定や就業規則までキチンと伝え、関係者全員の意思の疎通を図っておくことが望ましい。塾生の成績にしても客の集まりにしても、成果の出ている塾とそうでない塾との違いは3つしかない。@塾としての決まりごとがあるかどうか、A関係者全員がそれに沿って動いているかどうか、B関係者全員が同じ思いをもって(理念に同意して)仕事に携わっているかどうか、である。

●オリエンテーション

 新規入塾者がそろった段階で、塾での「勉強のやり方」に関するオリエンテーションを行う。子どもたちの学習は通常、学校における授業の予習→本番の授業→復習(宿題含む)という順序で行われる。塾での勉強はそのどこに位置づけられるのか、それがどういうふうに進められるかを、作業の手順を含めて説明すること。

コーナートップへ戻る
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.