サイト内検索:
 
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
塾長のためのマンスリースケジュール

1月

●春の業務計画の作成

 冬期講習明けまでに、1月から3月末までの業務計画の作成をお勧めしておきたい。中学受験、高校受験、大学受験などなど塾にもいろいろと種類があるが、ここでは標準的な高校受験メインの塾を中心に話を進めていく。

 計画の柱は大きく受験生の送り出しと新年度生募集の2つに分かれる。受験生の送り出しは、2月末から3月半ばまでの間に予定されている公立高校一般入試までと、それ以降とに分けて考える。

 入試までのポイントの1つは勉強の量と質の指導・管理計画。質に関しては、ぜひとも基本事項の再確認授業と本番を想定した各県版の入試対策テスト複数回が欲しい。量に関しては可能な限り長時間取れるように。ただし、遅くとも本番2週間前になったら深夜学習を避け、早寝早起きを実践するよう促すこと。試験は通常、午前9時過ぎに始まる。頭脳が動き出すには起床後3時間必要なので、午前6時には起きる習慣を、またそのために午後10時には床に就く習慣をつけさせる。

 合格発表の後は高校生になってからの継続入塾の勧誘。公立高校では近年、入学前に課題(宿題)を出すところが多い。それを手伝いつつ、たとえ週1回でもよいので通塾するよう勧誘する。言うまでもなく、高1の成績が3年後の大学入試を左右する確率は高い。そのことをしっかりと伝える。なお、保護者には合格が決まった時点で「おめでとうございます」「長い間の通塾、ありがとうございました」と丁寧に挨拶しておく。とくに母親には「お母さんが一番大変でしたね」と苦労をねぎらうことも忘れずに。

 もう1つの柱の募集計画は原則、次の順序で。
@塾生・保護者向け進級説明会の決定・告知(できたら年内に)
A新年度開講コースの決定(授業時間や料金含め)
B進級説明会
C外部告知ツールの作成
Dチラシの折り込み、ホームページの更新
E説明会の開催(入塾テスト)
F入塾個別面談
G入塾・授業開始

 Cの「外部告知ツールの作成」までは1月末までに実施。D以降の「チラシの折り込み・ホームページの更新」以下は2月以降、繰り返して。内容はできるだけ新しいものに替える。

 外部告知ツールに何を利用するかについては議論が分かれる。が、せいぜい半径1・5キロ以内が顧客対象となる標準的な塾の場合は紙媒体が中心になるだろう。新聞折り込み、コミュニティ紙広告・折り込み、ポスティング、校門前配布、ポスター、教室前掲示、のぼりなどの検討を。とはいえネットも無視できない。最低でもパソコン版とスマホ版のホームページは用意すること。

 少子化に加え、消費税増税とオリンピックとが重なって、来春の募集はかなり苦しいことが予想される。まずはクチコミの源泉となる顧客満足度の向上、さらには早めかつ多めの広告宣伝、この2つを心がけていただきたい。

コーナートップへ戻る
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.